住宅ローン減税いくら減税される(三大ポイントとは)?/新着情報・お知らせの詳細

任意売却コンサルタント (有)吉祥


お問い合わせ

個人情報保護方針

会社概要

 

 


文字サイズの変更

 



 

住宅ローン減税いくら減税される(三大ポイントとは)?


 

書類をそろえての確定申告、という面倒な手続きを経て、住宅ローン減税を受けるには、それなりのメリットが欲しいものです。
どのくらい「お得!!」なのでしょうか?

  • 当初10年間、毎年ローン残高の1.0%が還付される!
    例として、住宅ローンで借り入れる金額が2,000万円、固定金利3.5%、返済期間30年、元利金等返済の場合を考えますと、1年目には約19万2,500円が還付されることになります。(ただし、実際に納めた所得税額が、還付金の上限となります)
  • 長期優良住宅※なら1.2%が還付される!
    上記の例と同じ条件の住宅ローンを利用して「長期優良住宅」を購入した場合には、約23万5,400円が還付されることになります(ただし、実際に納めた所得税額が、還付金の上限となります)。
    ◎長期優良住宅とは、耐震性、省エネ性能などに優れ、耐久性が高いため、長期に居住できる住宅のことです。
  • 所得税から引き切れなかった控除分は住民税から戻ってきます!
    住宅ローン減税は所得税を対象とするのですが、所得税以上の控除額がある場合は住民税から戻ってきます。
    (最大9万7,500円)
    これらのことから「手間隙かけて、住宅ローン減税を受けるメリットはある」ということが、お分かりいただけるでしょう。
    低金利の住宅ローンを上手に選ぶこと、余裕のあるときには一部繰り上げ返済をすること、住宅ローン減税を利用すること。これらを組み合わせることで、住宅にかかる費用をずいぶん抑えられることになります。

住宅ローン減税の注意点

住宅ローン減税を受けるには「確定申告を行う時間、労力」がかかるということを、事前に知っておきましょう。新規に住宅ローンを申し込むとき、あるいは借り換えをするときから、早めの情報収集を心がけるようにしましょう。
また、確定申告期限に間に合うように、必要書類をそろえて、確定申告書を作成しましょう。確定申告は、税務署に出向く・郵送・電子申告などの様々な手段が利用できるようになっていますので、ご自身にとって最も便利な方法で行うと良いでしょう。

 

 

 

Tweet 


2012/04/15 (19:14:41)

前の画面に戻る


 

 


 

 

 
 

 

 

Facebook

 




 

営業日カレンダー
2018年11月

    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
赤色の日付は休業日です。

 


 

有限会社吉祥/京都府京都市左京区八瀬花尻町32-1

 


  Site Map