既存住宅における長期優良住宅の認定基準/新着情報・お知らせの詳細

任意売却コンサルタント (有)吉祥


お問い合わせ

個人情報保護方針

会社概要

 

 


文字サイズの変更

 



 

既存住宅における長期優良住宅の認定基準


 

国土交通省は、2013年度までに既存住宅における長期優良住宅の認定基準を整備する方針を明らかにした。具体的な認定や評価基準、評価方法を策定するとともに、現行の長期優良住宅法の枠組みとするか、別に認定制度を作るかなどをこれから検討する。現行の長期優良住宅制度は、新築を前提としており、設計図書の保存や修繕履歴書などの書面保存を求めている。このため、現行のまま長期優良住宅として既存住宅を認定することは難しいと判断した。

 同省は、20日に「中古住宅・リフォームトータルプラン検討会」を開き、中古住宅・リフォームトータルプラン案を了承した。3月中にも同省内で正式に決定する。トータルプラン案には、既存住宅の長期優良住宅などとして認定・評価基準、評価手法などの整備が盛り込まれた。これにより、既存住宅のリフォームによる大幅な性能向上を期待している。

 

 

 

Tweet 


2012/02/28 (21:06:27)

前の画面に戻る


 

 


 

 

 
 

 

 

Facebook

 




 

営業日カレンダー
2018年8月

   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
赤色の日付は休業日です。

 


 

有限会社吉祥/京都府京都市左京区八瀬花尻町32-1

 


  Site Map