住宅ローン減税とは?/新着情報・お知らせの詳細

任意売却コンサルタント (有)吉祥


お問い合わせ

個人情報保護方針

会社概要

 

 


文字サイズの変更

 



 

住宅ローン減税とは?


 

日本の国の政策として「住む家は、なるべく確保できるようにしよう」という考えがあります。たとえば「相続税を払う」という場合にも、「相続税を払うために、住む家を手放さなければならない」ということがないように、現に居住している住宅は、評価を低めに見積もる仕組みがあります。 住宅ローン減税も「住む家を確保しやすいように」という国の政策の一つです。この制度は、2008年で終了するとされていましたが、延長されることになりました。とはいえ、延長される期限はありますし、控除額も減少していきますので「今利用するほうが、後で利用するよりお得!!」と言えます。

住宅ローン減税が適用される条件は?

住宅ローン減税が適用される条件は、簡単にいうと次のようなものです。

  1. ローンの返済期間は10年以上あること
  2. 自分が住む住宅の購入であること
  3. 床面積が50平米以上の住宅であること
  4. 取得後六ヶ月以内に住み始め、控除を受ける年の年末に住んでいること
  5. 築20年以内の中古物件(マンションの場合は25年)であること

これらの条件を満たしていれば、住宅ローン減税が受けられる可能性が高いです。ただし、個別の物件やローンの条件などによっては、適用の可否は異なりますので、ご注意ください。

住宅ローン減税の手続きは、税務署で行います。必要とされる書類は次のものです。

  1. 売買契約書
  2. 登記事項証明書
  3. 住民票
  4. 源泉徴収票
  5. ローン残高証明書        

 

 

 

Tweet 


2012/04/15 (19:06:10)

前の画面に戻る


 

 


 

 

 
 

 

 

Facebook

 




 

営業日カレンダー
2018年8月

   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
赤色の日付は休業日です。

 


 

有限会社吉祥/京都府京都市左京区八瀬花尻町32-1

 


  Site Map