住宅ローン金利/不動産一言コラムの詳細ページ

任意売却コンサルタント (有)吉祥


お問い合わせ

個人情報保護方針

会社概要

 

 


文字サイズの変更

 


 

住宅ローン金利

 

欧州での、国債不安に伴い格付けの低下が問題視されているが、日本国の国債にも波及するという経済学者が何人もいる。国債が不安視されると単純に言うとリスク金利とも言おうか国債の購入時の金利が高くなる。そしてそれはプライムレートに関係し長期・短期金利の上昇になる。

共に影響を受けるのは、各金融機関の貸出金利である。

住宅ローンも例外では無い。現在固定金利・変動金利型が選択できるが、今後もさらに日本国債を声高に不安視されると現在1%程度の金利が上昇し住宅ローン金利変動型は、少々リスクがある。しかし固定型もベース金利が上がることになるからこれまた、住宅ローンを借りる時には悩ましい事である。日本国債の安定と住宅ローンは、リンクしている事を意識する環境になってきている。住宅ローンは住宅購入には一般的には欠かすことができないからこれから住宅ローンを必要と計画されているのならよく各金融機関を比べて自分の返済計画に反映させて下さい。

 

 

 

 

Tweet 


前の画面に戻る


 

facebook area

 

 

 


 

 

 
 

 

 

Facebook

 




 

営業日カレンダー
2018年12月

      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
赤色の日付は休業日です。

 


 

有限会社吉祥/京都府京都市左京区八瀬花尻町32-1

 


  Site Map